監視カメラを設置しよう|犯罪の抑止に繋がります

男の人

会社の選び方

ガードマン

警備会社と連携している監視カメラを設置すると自宅の防犯率が高まります。選ぶときは、提供しているサービスやスタッフの対応、プランなどを確認しながら信頼できる会社を見つけましょう。

この記事を読む

導入までの手順

一軒家

自宅の防犯性を高めるために、ホームセキュリティーを導入している一般家庭が多くなっています。導入依頼をするときは、資料請求をしてから見積もりを依頼するとスムーズに進みます。

この記事を読む

自宅を守る警備員

警備員

セレブの警護をするというイメージがあるガードマンは、普通の家庭でも依頼できます。ホームセキュリティーを導入すると警備会社から派遣されたスタッフが異常を察知してすぐに駆けつけるので安心感があります。

この記事を読む

犯罪を未然に防ぐ

モニター

個人でできる防犯対策で、最も効果的な方法が監視カメラです。玄関先や裏口など不審者が好んで侵入しそうな場所に設置しておくと、万が一自宅に侵入されても映像が記録として残り、すぐに犯人の目星がつきます。また、不審者は基本的に侵入する前に自宅周辺の下見を行ないます。この時監視カメラの設置に気づくと、姿を見られることを嫌がって近づかなくなるので犯罪を未然に防ぐこともできるのです。しかし、防犯性を高めるために監視カメラを導入しようと思っても、値段や設置までの流れなどわからないことが多くてなかなか購入に踏み切れない人がほとんどです。現在、防犯用のカメラはネットでも購入できるので、どのような種類のカメラがあるか調べることから始めましょう。それぞれのカメラの性能や値段、設置した時のメリットなどを見ていくと、自然に設置工事を依頼したくなるはずです。

監視カメラは、野外用や屋内用、日中専用や夜間用などのたくさんの種類があります。野外用のカメラを購入するなら、周辺の景色を見渡せるような首振り機能が搭載されているカメラが良いでしょう。また、不審者が自宅に侵入するのは住民が寝静まった深夜であることが多いので、赤外線がついている暗視カメラを設置すると安心できます。さらに、映像を撮影するだけではなく録画機能もついていると、犯人の証拠映像として警察に見せることもできます。そして、せっかくカメラを購入するなら画素数にもこだわりましょう。不審者の姿をしっかりと映すために高画素のカメラを設置すれば、はっきりと姿を確認できます。

Copyright© 2016 監視カメラを設置しよう|犯罪の抑止に繋がります All Rights Reserved.